花生活のはじまり2

アイロニーの花に一目ぼれして、単発レッスンを受講するようになり
当時、講師をしていたスタッフさんから
「お花、本当に初めてですか?何かデザイン関係のことされてます?」
と、言われたことに
すっかり気を良くして、3回ほどの単発レッスンを受けただけで
ディプロマコースを受講してしまいました。

花を束ねるのは楽しくて楽しくて
更に欲が出て、水揚げ研修まで参加してしまいました。
その間に、講師認定も取り、毎日、花にまみれた生活です。

水揚げ研修は週1回、1年間通いました。1年通えば4つの季節の花を
触ることができるから。
自分の娘と変わらぬ年頃の子たちに混ざって、水揚げ作業を教わり
自宅ではフローラルナイフの練習をして、病院に行くほど指を切ったり。
さすがに2回もザックリ切ると、なかなかの恐怖で
研修中は迷惑をかけないように、スタッフさんにカットはお願いしたけど、
最終日はナイフカットしてバケツに入れることが出来ました。

水揚げ研修まで参加させてもらったのだから
やっぱり、花をやろうと。

本当はセラピストだから手荒れなんてもっての外なんだけど
やりたいことは、やった方がいいに決まってます。
自分の子どもに、そう言ってきたように
私もやりたいことを選びました。
で、マッサージの仕事は家族と親しい人のみ!
花にまみれた生活をすることに決めました。

50代で新しいことをするのは
なかなか勇気がいるのだけれど、素で生きた方がいい。
人生ってそれほど長くないからね。
けど、意外と長いもの。
だから、
いつからでも
やりたいことはやれるわけです。


関連記事

  1. 花生活のはじまり

  2. 紫陽花の楽しみ方はいろいろ

  3. 体験レッスン

  4. ユリのブーケ

  5. フラワーベース

  1. 2023.09.22

    9月バラのブーケロンレッスン

  2. 2023.07.30

    7月紫陽花のテーブルリースレッスン

  3. 2023.06.30

    6月ダリアのコンポジションレッスン

  4. 2023.06.10

    紫陽花の楽しみ方はいろいろ

  5. 2023.05.31

    5月芍薬のブーケレッスン

  1. 登録されている記事はございません。