役に立たないことがいぃ

次女からイタリアのお土産をもらいました。
ムナーリの本とジェノベーゼ。

イタリアデザインウィークは楽しかったようです。
娘の作品も多くの人に楽しんでもらえたらしい。

子供から聞いて娘の作品を見に来たというおじさんは
娘の手を握ったまま熱く素晴らしい作品だと語り
作品の前で頭を抱える人(←どんな?笑)
英語が上手じゃないけど、と言いながら
一生懸命話をしてくれた人
そんな方々との出会いがあったらしい。

物作りは苦しいし辛い。しんどいことが多い。
けど、やっぱり楽しいよね。

娘がたまに言う「バカらしいことがしたい」と。笑
なんの役にも立たないバカらしいこと…
ムナーリの作品に「短い訪問者のための椅子」というがあって
招かざる客に早く帰ってもらうために、座ることが出来ない椅子。
娘と私のお気に入りのムナーリの作品です。
この椅子を見た時は笑ったし感動しました。笑

バカらしいことは、実はけっこう役に立つんじゃないかな。
そして笑えることが素晴らしく
笑った先には感動がある

笑いも感動も伝染していく
だから
娘には感動の種を蒔いて欲しいと思っています。

ママはせっせと小さな喜びの種を蒔いていくよ。

関連記事

  1. お引っ越し!

  2. 憧れ

  3. 余白の美しさ

  1. 2023.09.22

    9月バラのブーケロンレッスン

  2. 2023.07.30

    7月紫陽花のテーブルリースレッスン

  3. 2023.06.30

    6月ダリアのコンポジションレッスン

  4. 2023.06.10

    紫陽花の楽しみ方はいろいろ

  5. 2023.05.31

    5月芍薬のブーケレッスン

  1. 登録されている記事はございません。